モノラルログ

マツオ ( @matsuoshi / monaural.net ) のざっくりしたブログです

Chromebook C101PA を買ったけど、もうこれでええやんという気分になっている

持ち運び用のノートPCが欲しくて、いろいろ迷ったんですが Chromebook ASUS C101PA を購入しました。お値段は 36,000円ほど。

いや、Chromebook いいですね。もう大体のことはこれでええやん、という気分になっています。

www.asus.com

f:id:matsuoshi:20190217182710p:plain

Chromebook とは

比較的低価格の、Chrome OS が入ったノートPCです。Chrome OSGoogle が出しているOSで、平たくいうと Chromeブラウザしか入っていない OS ってかんじ。すべてを Chrome 内でまかないます。その代わり低スペックなマシンでも軽快に動くので、結果的に低価格で購入できると。

Chromeブラウザしか入ってないOSって、実際使えるの?どうなの? ってなると思うんですが、自分はかなりの作業を問題なく行えそうに思っています。

ネットワークに常につながっているのが前提なので、そこさえ問題なければ、だいたいクリアできるイメージかな〜。

逆に厳しいかもと思っているのは

  • 動画・音声・画像編集
  • バリバリコードを書く (軽いのはいけそう、後述します)

くらいか。前者の編集作業も、いいツールを見つけられれば…… ってところ。

2in1 タブレットPCとして使える

あとこの C101PA、キーボードを360度くるっとひっくりかえして、タブレット型になります(もちろんタッチ対応)。2in1 的な使い方ができる。

ちょこっとブラウジングとか、動画を見たいだけならタブレットって気軽じゃないですか。3万円台で 2in1 としても使えるってのは、なかなかの魅力でした。

セットアップがめっちゃ楽

マジで驚いたんですが、Chromebook って初期設定がめっちゃ楽ですね。Wi-Fi につないで、Googleアカウントにログインしたら、だいたいの情報が同期されて設定完了。これでもうすぐ使えます。

なんか調子が悪くなっても、初期化してまた Wi-FiGoogleアカウントログインすれば元通り。そもそも設定できる項目自体が少ないし、設定内容は Googleアカウント側に保存されているので、リカバリーもめっちゃ楽。

普段から Googleアカウント使って、メールやカレンダーやドライブなど色々同期させている人だったら、この楽さをイメージいただけるのではと思います。さくっと使用開始できる。

f:id:matsuoshi:20190217182704p:plain

Android アプリが使える

さらに このC101PA は、Playストアが使えます。つまり、Androidアプリをインストールできる。 Kindle とか Spotify とか、Chrome でも見られますけどアプリとしても動作させられる。タブレットモードもありますし、その点でも Androidアプリの相性はいいですね。試してないけどゲームもできるよう。

Linux が使える

Chrome は最近のバージョン(たしか69以降)なら、Linux をインストールできます。Linuxアプリも工夫次第で動かすことが可能。とりあえず VS Code, node.js, Audacity あたりはインストールできました。スペックは低いので重たいことは無理そうですが、それなりに設定すれば開発系の作業にも使えそうです。

ハードウェア的にはどうか

C101PA の、ハードウェア面の所感。1日使ってみて。

  • 画面が10インチと、小さい。これはメリットでもありデメリットでもある
    • 本体が小さく軽いので、機動性はかなりいいですね
    • 解像度は低いので、そこは割り切り必要
  • 液晶の視野角は広くて良いです
    • グレア(光沢テカテカ)なのは好み分かれるところ
  • 本体のキーボードは、ぼちぼち。慣れれば問題なさそう
    • deleteキーがないのが不満
    • enterキーが小さいとかは、すぐ慣れそう
    • 配列が素直なので、サイズ感のわりには打ちにくさは少ないと思います
    • タッチパッドも同じく、サイズのわりにはいける
  • USB Type-C で充電できるのは嬉しい

サイズ感は持ち運びのしやすさとトレードオフですし、全体的には価格を考えると全然アリだな、という感想です。

ひとまずこんな感じ

まだ1日しか使ってないですが、いろいろ触ってみたくなるマシンだと思っています。ひとまずこんな感じで、また何か書くと思います。

af.moshimo.com

Ubuntu でも Mac の open コマンドみたいなのを使いたい

結論

  • xdg-open を使う
  • エイリアスopen でも呼び出せるように設定した

Mac の open コマンド便利よね

Macopen コマンドが便利でして、ターミナルから

$ open .

とすれば、現在のフォルダが finder で開くし

$ open foo.txt

ならば、デフォルト設定しているエディタで foo.txt というファイルを開くし

$ open https://example.com

とやると、ブラウザで指定URLを開いてくれます。

要は、デフォルトで割り当てられているアプリで、なんでも開いてくれるというコマンドです。

Ubuntu でも同じことをしたい

Ubuntu でもこれを使いたかったのだけど、open というコマンドはありませんでした。調べてみたら、

$ xdg-open foobar

で良いらしい。確かにいけた。

ということでエイリアスを切っておきました。

alias open='xdg-open'

参考

(Ubuntu 18.04 で確認しています)

複数の Mac で、1つのマウスを共有する ShareMouse

自宅では Mac mini で作業することもあれば、同じデスクに Macbook を広げてそちらで作業することもあります。

そのとき少し不便に感じていたのが、キーボードやマウスの扱い。せっかくなので、Mac mini に外付けしているマウスやキーボードで、Macbook の方も操作できないかなと。わざわざ 2つのキーボードを持ち替えて使い分けるの、めんどいなと。

ちょっと調べたら、それが可能になるツールがありました、ShareMouse というものです。

www.keyboard-and-mouse-sharing.com

名前はシェアマウスですが、マウスだけじゃなくてキーボードも共有できる。

共有させたい 2台ともにインストールする必要がありますが、インストールしたら、あら便利。まるでデュアルモニタ PC のように、2台のディスプレイ間をマウスが行き来できるようになります。キーボード入力も、いまマウスカーソルがあるPCに対して行われるようになります。あら便利。

youtu.be

↑こちら公式の説明ビデオです。一目瞭然。

ちなみに、Mac同士だけじゃなく Windows とも共用が可能とのこと。

ダウンロードはこちらから。

www.keyboard-and-mouse-sharing.com

homebrew でも install できますよ

$ brew cask install sharemouse

free版, standard版, Pro版とあるようですが、free版でも 2台での共有なら問題なく使えています。(Pro版だと最大9台のPC間での共用、あとドラッグ&ドロップでのファイル共有とか、クリップボードの共有なんかもできるそうです)

2018年お気に入り Spotify プレイリスト

2018年、よく聴いてたり、気になったりした曲を spotify プレイリストにしました

こちら

https://open.spotify.com/playlist/6kBp1Gq5EtKam8hsLnCAnA

年末に、Spotify が自動で「2018 あなたのトップソング 100」みたいなのを作ってくれたんだけど、微妙〜に「なぜこれが入ってる、あれが入ってない」みたいなのがありまして、適当に編集してたら 120曲超えちゃったんでこのへんでやめときます

一部をのぞき2018年リリースの曲が中心です、ジャンルもばらばらなんで、気が向いたら適当にシャッフルとかで聴いてもらえたらと〜

ちなみに2018年マイ・ベストソングは Snail Mail のこの曲です


Snail Mail - "Pristine" (Official Lyric Video)

(しかしオフィシャルビデオでこのダサさはやばいな……)

会社員をしながらフリーランスをする働き方になりました

こちらのブログでもご報告。

今年の中頃から、タイトルの感じに働き方が変わりました。

週に4日間会社員をしつつ、のこりはフリーランスとしてやっております。

詳しいことはこっちのブログ blog.monaural.net に書いています。

blog.monaural.net

複業・複業は、なかなか時間の感覚、スイッチの切換えが大変だなーと思ったりしていますが、まあ慣れの問題かと思うので時間が解決してくれるかなと。

ひとまずそんな感じで。